第33回電波技術協会賞贈呈式典開催のお知らせ

 当電波技術協会は、第33回電波技術協会賞贈呈式典を令和元年11月12日(火)にメルパルク東京(東京都港区)にて実施いたします。
 受賞者の方々は、東京大学名誉教授、国立情報学研究所名誉教授の羽鳥先生に委員長の労をとっていただき選考委員会における慎重審議を経て、下記10名の方々が受賞者に決定されました。

・第33回電波技術協会賞受賞者は次のとおりです。

受賞者 表彰題目
宮崎 徹郎 放送の安定運用、地上デジタル放送の円滑な導入に貢献
和食 曉 テレビジョン放送の受信環境維持・改善とデジタル化に貢献
大塚 裕幸 デジタル無線通信及び光ファイバ無線技術の研究開発と発展に貢献
田中 清数 自動車電話等の移動通信システムの開発と普及に貢献
三田 佐登司 2GHz及び4/5/6GHz帯マイクロ伝送路のデジタル化に貢献
堀部 晃二郎 短波国際放送の大出力300kW送信機の開発導入に貢献
小川 輝範 地上テレビジョン放送の円滑なデジタル移行とFM補完放送の実現に貢献
橋本 賢一 FM補完放送の実現などラジオ放送の発展に貢献
今井 隆洋 テレビジョン受信機器の開発と健全な普及及び放送のデジタル化への貢献
神尾 享秀 多値変調及び信号処理による移動通信の高度化への貢献