理事長挨拶

一般財団法人電波技術協会
理事長 松本 正夫

電波技術協会は、電波法及び放送法の施行から間もない昭和二七年に、通信技術及び放送技術の円滑な普及・発展に貢献することを目的に設立され、以来、通信技術及び放送技術に関する調査、試験研究、普及啓発などの事業を通して、我が国の電波利用の発展に微力ながら貢献して参りました。

この60年余りの間に、電波利用は、携帯電話、衛星通信・衛星放送、デジタルテレビジョン放送など様々な分野で過去には想像すらできなかったほどのスピードで技術が進展し、今や豊かで安心・安全な国民生活と経済産業の活性化に不可欠なものとなっており、さらに今後も、第5世代携帯電話、4K/8K放送、IoT等様々な新しいシステムの導入が期待されています。

当協会では、現在、このよう電波利用の拡大に伴う行政機関、通信・放送事業者、電波機器メーカーなどのお客様のニーズに応えるため、

①新しい電波利用システムに関する調査研究

②電波の利用を阻害する混信障害調査

③地上デジタルテレビ放送の混信対策

④TVホワイトスペース等利用システム運営調整

⑤電波機器の性能試験

⑥防災行政無線システムの設計コンサル

等の業務に取り組んでいます。

今後とも、これまで培った技術と経験を生かしてお客様のニーズに応える様々な事業を展開し、電波利用の一層の拡大・発展に更に貢献して参りたいと考えておりますので、よろしくお願いいたします。